図1

インバウンド クルーズ船 が最も来ている博多エリアの、買い物スポットが遂に判明。

クルーズ船記事、第3弾。これまで INBOUND RESEARCH .jp では、急増するインバウンド クルーズ船ツアーの概要と、脅威の消費実態について取り上げてきました。

過去2回のクルーズ船記事は、以下をご覧ください。

インバウンド クルーズ船ツアーが立ち寄る観光スポットへの調査を進めていましたが、過去2回の調査で我々が掴むことが出来た情報は、「免税店」や「訪日客に特化したドラッグストア」という範囲にとどまっており、具体的な店名までは掴めずにいました。

しかし、旅行会社へのヒアリングや博多への現地調査を続けた結果、「免税店」や「訪日客に特化したドラッグストア」に関して、クルーズ船訪日客数No.1の「博多港」から、どのお店に行っているのかという情報を遂に掴むことができました。

謎に包まれていたインバウンド クルーズ船ツアー。その全貌が、徐々に明らかになってきています。以下、ご覧ください。

殆どのインバウンド クルーズ船ツアー団体に組み込まれる店舗

免税店

訪日客に特化したドラッグストア

株式会社JTC(株式会社日本観光公社)

1993年6月に創業された企業で、「JTC」という訪日観光客に特化した店舗を全国に15店舗運営されています。

JTCの店舗は、北海道, 東京(3店舗), 山梨, 名古屋, 大阪 , 山口, 福岡(2店舗), 長崎(2店舗), 大分, 熊本, 沖縄 にあることがコーポレートサイトより分かっています。

更に、JTC以外にも「楽一免税店」を日本に5店舗、その他「 KOO SKIN 」や「 AKA JEWELRY 」といった店舗を日本全国で展開し、オフィスも 日本, 中国, タイ の3カ国へ展開しているようです。

JTC 全国主要店舗(JTCコーポレートサイトより)

上記からも分かるように、訪日観光客が訪れる主要な観光スポットはほとんど 網羅, 出店 しているような状態です。東京都内の店舗以外は大型バスが複数台停車できるような大型駐車場も併設しており、団体旅行の受け入れに特化していることがコーポレートサイトから見て取れます。

インバウンド クルーズ船ツアーの中で博多へ行くルートでは、「免税店」として以下のJTC店舗に立ち寄ることが多い、という話が 現地ツアーガイド, 旅行会社 へのヒアリングから分かっています。この2店舗が実際に博多のどのあたりにあるのか、見てみましょう。

JTC福岡港店

福岡港店は「ベイサイドプレイス博多」という博多港を利用されるお客様向けの複合商業施設にあります。福岡港店は「観光ビザを持っている外国人の方のみの利用」(ベイサイドプレイス博多 サイト内の表記より)となっており、日本人は一切立ち入ることが出来なくなっています。

過去の記事でもお伝えした通り、入港, 出港 ともに手続きに1時間ほどかかります。飛行機ツアーを利用する観光客が空港で時間を過ごすように、クルーズ船ツアーで来られているお客様も港で過ごす(過ごさねばならない)時間があるため、お買い物をするには非常に良い立地であると思われます。

帰国の直前にお買い物ができる、という利点もあります。買い忘れや、やっぱり買っておけばよかったといった「訪日中、最後の」需要を享受できるポイントであると言えます。

[map]福岡県福岡市博多区築港本町14−2[/map]

JTC福岡博多店

博多港から車で12分の立地。こちらは2015年5月17日に開店した新店舗です(JTC福岡港店の開店日は不明)。Googleマップ ストリートビューを見ると、大型バスの入出庫に十分なスペースが確保された駐車場が確認できます。

ドラッグオン(福岡 本店)

株式会社ケアルプラスが運営する、「福岡で最大級の売り場面積を誇る大型免税ドラッグストア」(ドラッグオン コーポレートサイトより)。「ドラッグオン 訪日」などのキーワードで検索すると、既にブログ記事などでも店舗の紹介がなされています。

店内の様子は、ブログ記事などを見る限り100%インバウンド対応となっており、日本人は顧客として想定されていないことが伺えます。ドラッグオンは福岡空港に近く、博多港からも車で12分程の距離。クルーズ船ツアー, 飛行機ツアー どちらも受け入れ易く、非常に強い立地となっています。

店内スタッフさんの対応も完全にインバウンドへ特化されているため(記事を拝見する限り、中国がメインと思われる)、言語の問題がクリアされており、訪日されるお客様のお買い物もしやすくなっていると思われます。

ドラッグオンを運営するケアルプラス社は楽天市場にも店舗を出されておりまして、こちらは酵素など 健康食品, サプリメント類 のみが出品されています。

お多福薬店 1号店(新宮店)

株式会社商流堂が運営する、2016年1月27日開店の上記の中では比較的新しい免税店型ドラッグストア。「1号店」となっているので、今後複数の店舗を出されていくものと思われます。コーポレートサイトを見ると、こちらも大型バスを想定した駐車場が完備されています。店内には簡易なフードコートのような施設があり、お食事を召し上がることが出来るようになっています。

今回の記事でご紹介した店舗の中では唯一 博多港, 福岡空港 の北側にある店舗ですが、高速に乗れば博多港からは13分ほどの位置にあるため、アクセスは悪くないと思われます。

マーケティング場所の確認と、戦略の検討。

以上が、インバウンド クルーズ船ツアーの博多エリアで訪日客がよく行かれている免税店とドラッグストアです。クルーズ船ツアーは滞在時間が短く、非常に狭いエリアで行動するため、クルーズ船訪日客を対象としたマーケティングは非常にシンプルな戦略になると感じております。

まずは、クルーズ船訪日客のルートを把握し、どこで購買が発生しているのか、自社商品の取り扱いがあるのかをご確認された上で、戦略をご検討されるのが良いのではないかと考えます。

FREEPLUSのインバウンドマーケティングでは、クルーズ船訪日客を対象とした リサーチ, プロモーション が可能です。インバウンド クルーズ船ツアーで来られる九州エリアでのマーケティングについてご興味をお持ちの方は、以下フォームよりお気軽にお問い合わせください。

Comments

comments

お問い合わせ
新着調査データ