%e5%9b%bd%e5%88%a5%e8%a8%aa%e6%97%a5fit%e7%89%b9%e9%9b%86%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e5%9c%8f%e5%a4%96-%e5%be%8c%e7%b7%a8%ef%bc%88%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

【旅程事例集】個人旅行者(FIT)は今、訪日旅行に対してどのようなニーズがあるのか? ~ 北米, 南米, 欧州 ~ 【後編】

訪日個人客の最新動向特集、北米, 南米, 欧州編。 前編では、北米からの訪日客の例として、カナダからの訪日客の旅程例を解説しました。後編では、南米, 欧州 からの訪日客の旅程事例をご紹介します。

【南米からの例】:ブラジル人年配夫婦、結婚30周年記念に訪日。

GUIDESTを利用したブラジル人ご夫婦の例として、来年のサクラの時期(3月)に、20 日間かけて、日本のみを周遊。周遊先は、東京, 日光, 川崎, 富士山, 箱根, 高山, 金沢, 京都, 奈良, 大阪, 沖縄 の旅程を現在計画しております。

旅行予算に余裕があり、宿泊施設の「質」を重視。だが、移動方法は電車やバスを選択。

GUIDEST担当者によれば、このお客様はご結婚30周年記念に合わせて、サクラの時期に訪日を計画されているのですが、ホテルには「質」を求めており、周遊中の全てのホテルで「4つ星」もしくは「5つ星」のレベルを希望されました。旅行予算も余裕があるので、旅館を勧めたところ、お客様からは 「旅館の和室に慣れていない」, 「懐石料理などの日本料理に慣れていない」 という意見が出たそうです。20日間の滞在の中、2日間は旅館に泊まるのですが、他の滞在先では洋食中心のお食事を希望されていました。 こちらのお客様へは、旅行の予算を宿泊に多く出費するよりもドライバーを手配したほうがスムーズに周遊先への移動ができるのではないかと提案したのですが、移動方法は公共交通機関にこだわっており、周遊先へは自分の足で自由に回りたいと考えていらっしゃるようでした。

沖縄:夫は日本人とブラジル人のハーフで、日本にいる親戚に会いに行く。

このブラジル人ご夫婦の、夫側の父方のご家族は日本からの移民であり、訪日を機に、日本にいる親戚に会いに来るのが今回の旅行の大きな目的だそうです。ブラジルは世界最大の日系人の居住国(日本を除く)として知られており、こちらのお客様のように「親戚に会いに行く」という目的での訪日旅行ニーズは一定量ありそうだと感じました。沖縄で親戚に会う以外の旅程は、沖縄最大級のテーマパークである「おきなわワールド」で鍾乳洞の中を歩いたり、那覇の国際通りで買い物と食事をされる予定となっております。

寺院など各地観光名所に加えて、相撲観戦や歌舞伎鑑賞の体験系ニーズも。

沖縄以外の旅程では、川崎の平安寺, 日光の東照宮, 奈良の春日大社, 法隆寺, 金沢の兼六園, ひがし茶屋街, 京都の清水寺 が含まれており、寺院を中心とする各周遊先で有名な、いわゆる観光名所が多い印象でした。教育系や体験系の旅程では、両国国技場での 大相撲の観戦, 歌舞伎鑑賞, 京都での着物着付け体験, 舞妓さんや芸者さんの舞の鑑賞しながらの夕食 をご希望されました。こちらのお客様からは、20日間で日本の寺院を中心に多くの日本の観光名所を巡りながら、日本文化も深く 理解, 体験 したいというご要望が寄せられておりました。

【欧州からの例】:イタリア人ご夫婦、京都は体験系旅程。東京, 大阪 はフリープラン。

GUIDESTを利用したイタリア人ご夫婦の例として、東京と大阪を「その場」で自由に決められるフリープランにして、京都と箱根での体験系旅程はGUIDESTを通じてご予約いただきました。日本の滞在期間は10日間で、最も滞在期間が長かったのが、京都(3日間)でした。こちらのお客様からは、「京都での体験系旅程を充実させたい」という依頼がございました。

春光院:英語が話せる住職による座禅体験で一躍人気スポットに。

GUIDEST担当者によれば、座禅体験では春光院が海外旅行者の間で人気だそうです。人気の理由は、春光院の住職は英語が話せること。イタリアからのお客様も春光院の座禅体験を選ばれたそうで、日本の歴史や文化を深く知りたい方は、座禅を体験するだけでなく、理解を深めるという意味で英語など外国語での説明が必要になると感じました。他の日本の文化体験と差別化を図る意味でも、住職など、日本文化に精通した方が外国語で文化を説明することが求められると感じました。

ギオンコーナー:3,150円と、お手軽な値段で7つの伝統芸能を鑑賞できる。

イタリアからのお客様は、日本の伝統芸能を鑑賞に、祇園 弥栄会館 のギオンコーナーを選ばれました。GUIDEST担当者によれば、祇園の弥栄会館では 京舞, 華道, 茶道, 琴, 雅楽, 狂言, 文楽 という7つの伝統芸能を3,150円(大人1人あたりの価格)で鑑賞できるため、手頃な価格で短時間に多種多様な日本文化を体験できるコースとして、海外旅行者の間で人気だそうです。ギオンコーナーのホームページは、 英語, 中国語(簡体字, 繁体字), 韓国語, ドイツ語, スペイン語, イタリア語, ポルトガル語, ロシア語 に翻訳されており、多言語化されているのも海外旅行者にとって人気の理由ではないのかと考えられます。

サムライ剣舞:武士文化の体験は外国人旅行者に大人気。

GUIDEST担当者は、北米, 南米, 欧州 からの旅行者が、日本の伝統文化のイメージとして引き続き「サムライ」を連想するケースがあると感じていました。「サムライ」文化を手軽に体験できる場所として、京都のサムライ剣舞が大人気とのこと。

以上、GUIDEST担当者へヒアリングを行った、北米, 南米, 欧州 からの訪日旅程事例集をお伝えしました。

Comments

comments

お問い合わせ
新着調査データ