img_6397-1

【新春スペシャル】マーケティング担当者必見、弊社独自のインバウンド向け調査手法から導いた人気調査結果トップ10を解説【前編】

INBOUND RESEARCH .jp をご覧の皆様、明けましておめでとうございます。

2016年4月1日以降、株式会社フリープラスのインバウンド・マーケティング本部が運営する INBOUND RESEARCH .jp は「ここでしか読めないインバウンド専門情報メディア」を目指し、毎週、インバウンドの自主調査データをお届けしております。弊社はインバウンドに特化した旅行会社として訪日客に対する様々な調査手法に精通しており、各社マーケティング担当者が求める調査結果に対して適切な調査手法を提供しております。

今回は、記事閲覧回数の多さをもとに、2016年に配信した過去の調査記事を調査手法別にランキング形式で振り返ります。前編では上位5位までの人気記事をまとめました。後編では上位6位から10までの人気記事をご紹介します。

調査手法ランキング(人気記事順)

  • 1位:ツアーガイド・インタビュー
  • 2位:海外旅行会社・インタビュー
  • 3位:街頭アンケート調査
  • 4位:レシート覗き見調査
  • 5位:ブロガー・インタビュー

ツアーガイド・インタビュー:団体ツアー客の訪日ニーズに対するヒアリングに最適!

調査事例:依然と続く悪徳免税店ツアーの裏事情を「元」悪徳ツアーガイドが暴露

INBOUND RESEARCH .jp で配信した記事の中で最もアクセス数が高かった記事は悪徳免税店の現場暴露シリーズ。「元」悪徳ツアーガイドや悪徳免税店の従業にヒアリングをして、旅行会社だから得られる訪日激安ツアーの裏事情を暴露記事として配信しました。一部のランドオペレーターは訪日客を悪徳免税店に送客し、そこでの買い物額の一部がランドオペレーターとツアーガイドにキックバックとして還元される仕組みになっております。

訪日ガイド事情に精通している弊社スタッフによれば、上海や北京などの中国湾岸部の大都市に住む若年旅行者の間では悪徳免税店ツアーに対する認知度が高くなってきている一方で、訪日経験が比較的に少ない武漢や西安などの中国内陸部の大都市からの旅行者が悪徳免税店の標的になっているようです。内陸部に住む中国国民の所得が上がるにつれ、今まで日本への渡航経験がなかった中国人客が日本に初めて旅行しに来て、悪徳免税店で高い買い物をするケースが多発しているそうです。そして、全般的にインターネットでの情報収集に疎い年配層はツアーガイドの言葉に騙されやすい傾向にあるようです。

Googleで「悪徳免税店」を検索すると、悪徳免税店ツアーに関して弊社が作成した記事がトップ表示されておりますが、弊社は悪徳免税店へ送客するツアーは一切しておりませんのでご安心ください。

図1

過去の自主調査記事

ツアーガイド・インタビューの利点

弊社ランドオペレーター事業部に登録しているツアーガイドとの人脈を利用し、調査ニーズに柔軟に対応できる適切な人材を選ぶことができます。現状、訪日客はFIT化してきておりますが、具体的な調査を実施する前にツアーガイドにヒアリングをして、効率的に訪日客の全体像が掴めるのではないでしょうか?定量的なアンケート調査と異なり、各国のインサイトを概要として把握する調査が可能です。

  • 訪日客に同行しているツアーガイドの経験に基づく、深掘った調査が可能
  • 日本語も話せるガイドが多く、臨機応変に質問が変更できる高い柔軟性
  • 日本各地でのツアー経験を持つベテランガイドから分かる地方の相対比較が可能

海外旅行会社・インタビュー:海外現地の旅行事情に対するヒアリングに最適!

調査事例:中国客からの爆買いでかつて大人気だったLAOX(ラオックス)の現状調査

中国客からの「爆買い」が流行語になった2015年に恩恵を受けた大手総合免税店、LAOX(ラオックス)の人気度を訪日旅程に詳しい中国の旅行会社24社にヒアリングを実施しました。かつて大人気だったLAOX(ラオックス)からドンキホーテに中国客がシフトしてきている背景には刻々と変わる中国客の嗜好の変化がありました。

ラオックス

過去の自主調査記事

海外旅行会社インタビューの利点

弊社ランドオペレーター事業部では、訪日旅行のツアーパッケージを海外旅行代理店に提案するという業務も行っております。特に、弊社との取引が多い東アジア圏や東南アジア圏の現地旅行会社とは強い信頼関係を構築しております。日本へ行く旅行者だけでなく、様々な国へ行く旅行者と接している海外旅行代理店にヒアリングすることによって、海外各国の旅行事情に対して包括的な理解を得ることができます。もちろん、旅先「日本」に絞り、最新の訪日トレンドなどのヒアリングも可能です。

  • 海外現地の旅行者に接している海外旅行代理店だから分かる、各国の旅行事情を深掘る調査が可能
  • 旅先を「日本」だけに絞らず、海外各国の旅行事情の相対比較が可能
  • インバウンドだけでなく、アウトバウンド(海外現地での日本商品の人気度)に関するヒアリングが可能

街頭アンケート調査:定量化や代表性で優れ、説得力が高い調査手法

調査事例:訪日個人客が旅程を組むのに利用するウェブサイトに関しての調査

訪日回数が増えるにつれ、以前に訪日された団体客がFIT化し、地方への渡航需要が増え、旅前での訪日情報ニーズが高まっています。特に、日本語以外の言語が通じにくい日本では、事前に旅程を立てる個人客が多いのではないでしょうか?調査結果としては、日本の旅行情報サイトの英語版よりも海外各国に根付いた情報サイトから旅程を作成するパターンが多いことが分かりました。果たして、あなたは日本情報が載った海外サイトをいくつご存知でしょうか?

2016-05-22

過去の自主調査記事

街頭アンケート調査の利点

海外旅行会社とのやり取りが多い弊社では社内に外国籍人材や海外経験が豊富な日本人を多く抱えております。日本国内のバイリンガル人材とのコネクションも強く、多種多様な街頭アンケートを実施した実績がございます。インタビュー形式の調査に比べ、定量化できる街頭調査は各社マーケティング担当者にとって市場理解がしやすい調査方法ではないのでしょうか?ランドオペレーターを主事業としている弊社では個人客だけでなく、団体客がバス移動で空いた時間を利用したアンケート調査も行っております。

  • 定められたサンプル数の訪日客にリーチし、代表性が高く、選択バイアスが少ない
  • インタビュー調査と比べ、調査結果を定量化しやすい
  • 各社マーケティング担当者が資料にしやすく、説得力が高い

レシート覗き見調査:調査対象者の属性と買い物額を紐付けた実証性の高い調査

調査事例:インバウンドの買い物ニーズの恩恵を受け続けるドン・キホーテの魅力調査

インバウンドからの売上がピーク時に比べ下がったと嘆く企業が多い中、一人勝ちの様相を呈するドン・キホーテ。弊社スタッフがドン・キホーテで買い物をした訪日客のレシートを写真で撮影させていただくという調査も実施しました。入店のきっかけは、「インターネット検索」以外に、「たまたま立ち寄った」が多く、都市部で目立つ外観を持つ建物が外国人客の興味をそそっていた。そして、ドン・キホーテでの買い物回数が多いほど、外国人客の支出額も増える結果になり、ドン・キホーテがインバウンドの買い物場所として定着してきていると考えられます。

%e3%83%89%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81-%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%88%e7%b7%a8%e9%9b%86%e5%be%8c%ef%bc%89

過去の自主調査記事

レシート覗き見調査の利点

アンケート調査の利点に加え、各社マーケティング担当者が気になる「訪日客が何を買っていくら使ったのか」という疑問の答えを導く調査です。アンケート結果とレシートから分かる購入商品と購入額から訪日客の買い物に関するより深い定量データの取得が可能です。そして、レシート写真は実査の証拠になるので実証性の高い調査手法として人気です。

  • 訪日客の属性と買い物の内容や額を紐付けた深い定量データが取得できる
  • レシート写真が実査の証拠となり、実証性が高い

ブロガー・インタビュー:リサーチ色よりもプロモーション色が強い弊社サービス

調査事例:訪れた都道府県数が30以上のタイ人カリスマ・ブロガーが日本の地方観光における課題と対策を語る

弊社が提供する正直な口コミ・マーケティング施策( ALL ASIA KOL)において、訪日旅行サイトで影響力が高いタイ人カリスマ・ブロガーとして知られる Tanong Prakuptanon(タノン・パクッターノン)氏にインタビューを実施しました。Tanong氏は27万人以上のFacebookファンを抱える「Japanthaifanclub」を運営し、タイ人客の最新訪日トレンドを熟知しています。また、30以上の都道府県に歴訪した経験則から地方の相対比較しつつ、インタビューに応えてくださいました。北海道のインバウンド集客の成功の裏側には報道されがちな 「カニ」, 「雪」 という成功要因ではない、外国人客として日本各地を飛び回ったTanong氏だから感じる独自の答えを導きだしています。

tanong-san-interview-front-page

過去の自主調査記事

ブロガー・インタビューの利点

弊社は2016年10月28日にアジア9カ国においてインフルエンサーを通じて訪日情報を届ける口コミ・サービス( ALL ASIA KOL)を開始しました。その一貫として、タイで訪日情報を発信して10年以上のキャリアを持つベテラン・ブロガー、Tanong氏に日本の地方観光に対してインタビューを行いました。KOL( Key Opinion Leader の略)とは、多数の読者を抱え、インタネット上の情報拡散において影響力が強いブロガーなどのインフルエンサーを指します。弊社では、インフルエンサーの同意のもと、海外各国の目線で日本の商品や地方情報の正直な口コミを配信するサービスを行っております。

  • 海外各国で影響力が高いインフルエンサーと協力し、海外客の目線で訪日情報を配信
  • 「旅行」, 「食事」, 「ファッション」 などブロガーの特色を活かしたニッチ市場の情報収集やマーケティング
  • 渡航回数が多いカリスマ・ブロガーに直接インタビューし、訪日市場の深掘り調査が可能

以上、過去の自主調査事例から人気記事をピックアップし、調査手法別にランキングしました。今回は、2016年に最も人気だった記事と調査手法を上位5位まで紹介いたしました。去年、ご覧になられた記事はございましたか?

次週は、アクセス数が多かった上位6位から10位までの記事と調査手法を解説いたします。アクセス数が少ないからといって、記事の面白みが欠ける訳では決してありませんので、引き続きご笑覧頂ければ幸いです。

今年も、ご愛読のほど宜しくお願いいたします。

Comments

comments

お問い合わせ
新着調査データ