Front Page

【海外旅行会社インタビュー】外国人旅行者に日本国内の人気旅行先をアジア主要11ヵ国44社の現地旅行会社に聞いてみた

今回は、前回に引き続き、FREEPLUSがランドオペレーターとして取引しているアジア主要11ヵ国44社に対してアジア各国の訪日旅行の市況についてヒアリングし、アジア各国で海外旅行のツアー商品を扱うスペシャリストに現地で旅行客と接する中で感じる今後の訪日旅行需要についてインタビューをいたしました。

果たして、訪日旅行において、海外旅行会社はどの旅行先が人気になると予想しているのでしょうか?

調査前提

  • 調査時期:
    • 東アジア:2017年2月4日〜2月10日
    • 東南アジア:2017年1月11日〜1月13日
  • 調査方法:
    • 海外旅行会社インタビュー(アジア主要11ヵ国44社)

インタビュー対象調査国FREEPLUSは訪日旅行のツアー商品を販売するランドオペレーターとして海外旅行会社との取引実績は28ヵ国610社(2017年3月31日時点)に及んでおります。今回のレポートは調査期間中に電話で回答が得られたアジア主要11ヵ国44社の担当者とのインタビュー内容をもとに作成しました。

調査項目

  • Q1. あなたの国の旅行者にとって人気の海外旅行先だと感じる上位3カ国まで挙げてください。(注:日本を比較対象とするため、東南アジアの旅行会社には東南アジア以外の海外旅行先を選んでもらいました。)
  • Q2. あなたが海外旅行先として第1位に選んだ国の理由は何ですか?
  • Q3. 去年に比べて、今年は海外旅行をする人が増えると思いますか?(注:海外旅行者は団体客と個人客を含む)
  • Q4.  海外旅行ニーズの増減だけでなく、予想される旅行ニーズの変化は何ですか?
  • Q5. 他の国に比べて、「日本」の観光地としての魅力と課題は何ですか?
  • Q6. 今年、人気になる可能性が高い日本の「地方」観光地はどこですか?(注:インバウンドの訪問率が高い上位3都道府県、東京, 大阪, 京都 を除く)
  • Q7. あなたがQ5で選んだ「地方」が人気になると思う理由は何ですか?

第一回の前回は、Q1〜Q4に関する外国人旅行者の海外旅行市場についてまとめました。第二回の今回は、Q5〜Q6に関する外国人旅行者の訪日旅行市場についてのインタビュー結果をお届けします。

旅行先としての日本の「魅力」と「課題」

Q5. 他の国に比べて、「日本」の観光地としての魅力と課題は何ですか?

ポジティブな意見

  • 四季による季節感があり、景色が綺麗
    • 回答数10社:台湾3社, 香港1社, タイ2社, ベトナム1社, フィリピン2社, シンガポール1社
  • 清潔感や礼儀があり、接客が丁寧である
    • 回答数10社:中国1社, 台湾3社, 香港1社, ベトナム1社, インドネシア1社, フィリピン1社, マレーシア1社, シンガポール1社
  • 食べ物が美味しい
    • 回答数7社:台湾1社, 香港1社, タイ1社, ベトナム1社, インドネシア1社, フィリピン1社, マレーシア1社
  • 文化が独特である
    • 回答数7社:中国2社, 台湾2社, タイ1社, ベトナム1社, インドネシア1社
  • 地理的に近い
    • 回答数7社:中国4社, 台湾3社
  • 買い物が便利
    • 回答数6社:台湾6社
  • 文化的に近い
    • 回答数2社:中国2社
  • 日本語に漢字が多く分かりやすい
    • 回答数1社:台湾1社
  • 新幹線
    • 回答数1社:インド1社
  • 先進国
    • 回答数1社:ミャンマー1社

全体的に、日本の魅力として、「四季」や「独特な文化」の回答が多く、同じ観光地でも季節で景色が変わるため何度も楽しめるといった回答や日本各地で文化に特色があるので面白いといった回答がありました。そして、日本人の「清潔感」や「接客の丁寧さ」も高く評価されています。

国別の傾向としては、中国と台湾の旅行会社は「地理的に近い」と回答した一方、そのような回答は東南アジアの旅行会社からは全くなく、東南アジアの方々は日本に訪れることに手軽さを感じていないようでした。台湾の旅行会社6社からは「買い物が便利」との回答が最も多く、化粧品や洋服などの品揃えが台湾よりも日本の方が多く、台湾ではネットでしか扱っていない商品も日本では店頭で見ながら買うことができるとの声がありました。インドの旅行会社1社からは「新幹線」との回答があり、「日本=ハイテク産業」を連想させるようでした。ミャンマーの旅行会社1社からは日本が「先進国」であることが魅力的だと感じており、長期間軍事政権下で自由に海外旅行に行けなかったミャンマー人にとって、日本の生活レベルの豊かさは憧れなのかもしれません。

ネガティブな意見

  • 物価が高い
    • 回答数6社:タイ1社, インドネシア2社, シンガポール1社, インド1社, ミャンマー1社
  • ガイドの英語力が低い
    • 回答数2社:フィリピン2社
  • 多言語表記が不十分
    • 回答数2社:ベトナム1社, フィリピン1社
  • ホテルが狭く、写真よりも見栄えが良くない
    • 回答数2社:インドネシア1社, マレーシア1社
  • ホテルの価格が高く、繁忙期だと予約しにくい
    • 回答数2社:シンガポール1社, ミャンマー1社
  • 地方に高級レストランが少ない
    • 回答数1社:タイ1社
  • WiFiエリアが少ない
    • 回答数1社:ベトナム1社
  • 観光地で面白くない場所も少なくない
    • 回答数1社:ベトナム1社
  • ビザを取得しにくい
    • 回答数1社:ミャンマー1社

日本の課題として最も多く挙げられたのが「物価の高さ」でした。特に現地の旅行会社からは「日本行きツアーの価格は高い」との声がありました。タイの旅行会社1社からは「日本行きツアーが高いと感じる理由に日本とタイとの賃金格差があるため」と回答しました。日本行きツアーよりも安く売られている韓国行きツアーに人気が集まるのは価格がより庶民向けになっているからだと考えられます。

「ガイドの英語力が低い」と回答したのはフィリピン3社中2社でした。ガイド以外にもホテルや観光地での英語対応が不十分との声があり、英語教育を受けてきたフィリピン人にとって英語で日本をより理解したいというニーズが高いと考えられます。三鷹の森ジブリ美術館で流れるビデオには英語の字幕がなく、解説が不十分だったという回答がありました。また、ベトナムの旅行会社1社からは「ベトナム人ガイドが少ない」との声があり、東南アジアの旅行者にきめ細かいサービスを提供する上で、タイ語, ベトナム語, インドネシア語 で日本を紹介できるガイドの数が不足しているとも考えられます。

ホテルについては、「狭い」, 「高い」, 「予約しにくい」などの回答があり、食べ物や観光地の評価が比較的に高いのに比べて、宿泊に対する評価は低い結果になりました。団体の外国人旅行者が利用するホテルには、立地やコスト面から日本人が出張等で利用するビジネスホテルに宿泊しているケースが多く、外国人宿泊者からの満足度もあまり高くない現状がありました。そのようなことから、FREEPLUSがインバウンド特化型ホテル、FP HOTELS 難波南 を開業するに至った経緯もあります。

日本国内旅行先の人気度( 東京, 大阪, 京都 を除く)

Q6. 今年、人気になる可能性が高い日本の「地方」観光地はどこですか?

日本国内旅行先の人気度(-東京,-大阪,-京都-を除く)注:各国の旅行会社に日本国内で人気になりそうな旅行先を自由に回答してもらい、それぞれの旅行先を1ポイントを加算し、国別で日本国内旅行先の人気度を算出しました。

人気になると予想される日本国内の旅行先、「北海道」と「中部地方」

日本の「地方」旅行先という意味合いから、インバウンドの訪問率が高い上位3都道府県( 東京, 大阪, 京都 )以外で人気になるだろうと思う旅行先を挙げてもらいました。結果として、「北海道」が最も人気で、「中部地方」が次いで人気との結果になりました。「中部地方」では立山黒部アルペンルートとの回答が最も多く、上のグラフでは「中部(北陸)」と「中部(その他)」で分けて表示しております。アジア各国であまり見ることができない「雪」を連想させる地域に人気が集中する傾向がありました。

Q7. あなたがQ5で選んだ「地方」が人気になると思う理由は何ですか?

【中国】東京と大阪は「飽きた」、冬に北海道、夏に沖縄の二極化

中国の旅行会社5社中2社は北海道と沖縄が人気になると予想しており、その理由として、「東京と大阪に行くのは飽きた」との回答がありました。国別の傾向として、北海道と沖縄の人気度が高く、冬の北海道、夏の沖縄といった具合に季節によって旅先を顕著に変えているとも考えられます。常夏の東南アジアでは夏のビーチリゾートとして沖縄があまり人気がなかったのに比べ、中国では沖縄の認知度が高まっているようでした。

【台湾】旅行先ニーズがあらゆる地方に散らばる、新たな旅行先として「東北」

全般的にアジア各国で大人気の北海道に次いで、台湾では「東北」が新たな旅行先として意識されているようでした。その理由は様々なのですが、「東北大震災のマイナスイメージが薄れてきている」, 「東北地方は涼しい」, 「都市で見られない景色が見たい」, 「旅行者が少ないところに行きたい」, 「東北観光推進機構などの自治体が積極的に宣伝をしている」との回答がありました。他にも、「四国」は広告や宣伝に加え、3年に1度開催される瀬戸内国際芸術祭の影響で瀬戸内海の離島が旅先として意識されるようになったとの回答もありました。都市観光として、2017年4月にオープンした「名古屋」のレゴランドにも期待している旅行会社も1社ありました。

【香港】地方の「環境の良さ」が評価される

香港の旅行会社2社から日本での地方観光で求められることとして、旅行者が少なく、自然の景色が綺麗で、食べ物が美味しいことが挙げられました。人口密度が高く、大気汚染が社会問題化している香港では、日本の地方は環境が良く、ゆっくりできるのが魅力的だと考えられます。

【タイ】北海道やアルペンルートに次ぐ、人気になる旅行先に意見が分かれる

タイの旅行会社1社からは、「関西から比較的行きやすい」という理由で、広島, 富山, 鳥取, 和歌山 が今後人気になるのではないか、との予想でした。他にも、別の会社からは、「バンコクの旅行博で長野のプロモーションが人気を集めている」と回答し、すでに人気が集中しているアルペンルートや白川郷から近い周遊先として長野のプロモーションも盛んとのことでした。

【ベトナム】ゴールデンルートの次の旅先として、ドラゴンルートに注目

ベトナムの旅行会社5社中3社は愛知県と岐阜県を中心に中部地方の自治体関係者からのプロモーションが盛んだと感じていました。ベトナムではゴールデンルートがまだ人気だが、新たな旅程として愛知県から北に横断するドラゴンルートを意識しているようでした。そして、東南アジア各国と同様、北海道も人気でした。

【インドネシア】日本独特の「雪」景色が大人気だが、旅行の目的は「雪」だけではない

日本の有名な雪景色として、立山黒部アルペンルートの「雪の大谷」, 白川郷の「合掌造り集落」, 長野県の地獄谷野猿公苑の「スノーモンキー」を含む旅程が人気との声がありました。そして、北海道は「雪」だけではなく、「シーフード」も美味しいとの意見もありました。インドネシアの旅行会社1社からは、スキーツアーとして韓国と山形行きの旅程を用意したところ、値段が2倍以上する山形行きのツアーの売れ行きはよくなかったとの回答がありました。確かに東南アジアの旅行者は「雪」を求めて訪日される方も多いのですが、日本ならではの「雪」を楽しめる場所で他国との差別化が図る必要があるように見受けられました。

【フィリピン】マニラ在住の若年層は都市を好む、年配層は田舎を好む傾向

フィリピンの旅行会社1社からは、マニラ在住の若年層は東京や大阪の大都市を好む傾向にあると回答し、年配層は北海道でゆっくりしたいと年齢別でニーズがかなり違うとの声がありました。別の会社からは、マニラ・福岡間の直行便を利用し、福岡や長崎に行くツアーを造成したと回答しました。その会社の担当者から、福岡と長崎はファムトリップ(下見招待旅行)で訪ねており、今年はファムトリップで訪れた岐阜を旅程に入れたツアーを造成するつもりだとの回答がありました。訪日ツアーを販売する上で、海外の旅行業界関係者を招待するファムトリップからツアー造成に至るケースは少なくないとのことでした。

【マレーシア】クアラルンプール発札幌着の格安航空券で北海道人気を後押し

マレーシアの旅行会社1社からは、マレーシアの格安航空会社、エアアジア( Air Asia )はクアラルンプールから札幌までの直行便で安い航空券を販売しており、北海道に行くのが以前よりも時間的にも金銭的にも手軽になったとの回答がありました。

【シンガポール】ツアーに対して高い「質」を求める旅行者、不満であればすぐにクレームに繋がる

シンガポールの旅行会社2社から人気の地方ルートとして、「アルペンルート」が挙げられました。ツアーガイドの手配を担当する弊社スタッフによれば、シンガポールの特徴として、お客様はツアーに対して「価格」よりも「質」を求める傾向にあり、ツアー中に手配ミスがあると、旅行会社にクレームを上げることも少なくなく、旅行会社はツアー代金の一部を返金することで対応することもあるとのことでした。

【インド】日本で見たい景色といえば、「富士山」

インドの旅行会社1社から、日本の有名な景色として、「富士山」が最も認知度が高く、日本に行ったら富士山を見たいというニーズが強いとのことでした。特に富士山に行く途中で泊まる箱根が人気になるとの回答でした。東南アジアの他の国に比べて、「北海道」や「アルペンルート」などの認知度はそんなに高くないようで、インドの訪日市場はまだ始まったばかりといった印象でした。

【ミャンマー】訪日中に一番行きたい場所として、鎌倉の大仏

日本だと奈良の大仏も人気だが、ミャンマーのツアーにとって鎌倉の大仏は旅程で欠かせないとのことでした。ミャンマーの旅行会社1社からは、訪日ツアーで鎌倉の大仏の置き物を家族や友人へのおみあげに買って帰る人が多く、その置き物に手を合わせば、実際に日本に来て鎌倉の大仏を見ることができるようになると信じているミャンマーの方もいるそうです。他にも「富士山」も旅程には欠かせないとのことでした。そして、初めての訪日ではゴールデンルートが多く、2度目の訪日には北海道が人気との回答がありました。

以上、旅行会社インタビューをお送りしました。

前回は外国人旅行者の海外旅行市場に関するインタビュー内容をお届けしました。今回は日本の地方に焦点を当て、外国人旅行者の訪日旅行市場に関する内容をお送りします。

FREEPLUSでは、一般的な市場調査会社とは違い、ランドオペレーターとして構築した海外旅行会社とのネットワークを生かしたインタビューも得意としております。海外現地で旅行を熟知した担当者に直接ヒアリングすることで、各国の旅行トレンドをより深く理解することが可能です。

INBOUND RESEARCH .jp では、インバウンドの自主調査記事を隔週、配信しております。インバウンド市場についてのプロモーションや調査に興味がございましたら、以下のお問い合わせフォームより気軽にご連絡いただけますと幸いです。

関連記事

Comments

comments

お問い合わせ
新着調査データ